記事詳細

情熱に走った篠原涼子の誤算 市村の懇願振り切り離婚→熱愛報道のダメージ必至

 先月24日に俳優・市村正親(72)との離婚を発表したばかりの篠原涼子(47)に熱愛報道が飛び出した。

 「週刊文春」によると、篠原の新しい恋のお相手は韓流ユニット「SUPERNOVA」(旧・超新星)のグァンス(34)。二人は同じマンションで暮らしており、“パートナーがいます”を意味するお揃いのアンクレットをしているという。当然、篠原の離婚の原因となったとみられている。

 「同誌の直撃に篠原さんは男女の関係を否定してはいますが、額面通りには受け取れません。『女性セブン』では市村さんが『浮気はしてもいいから』と。それでも二人の息子たちのために離婚は回避したいと懇願していたのを振り切ったと報じています。篠原さんは子供の親権どころじゃなかったわけですよ」(女性週刊誌記者)

 しかし篠原とグァンスの恋愛はこれで厳しい状況になったという。

 「今後、ツーショットが撮られようものなら、二人が不倫していたことが確定してしまいます。どちらにとってもダメージしかなく、特にグァンスさんサイドはすでに及び腰になっています。近々、どちらかがマンションを出ることになるでしょうね」(前出・女性週刊誌記者)

 情熱に走った篠原の誤算。 (zakzak編集部)

関連ニュース