記事詳細

不倫“サレ妻”も“シタ妻”も五輪特需! 一方で炎上気味&好感度さらにダウンも

 無観客の東京五輪がメダルラッシュで盛り上がり、不倫“サレ妻”も“シタ妻”も五輪特需に沸いた。

 メダルなしに終わった水泳の瀬戸大也選手の妻で、元飛び込み日本代表だった“サレ妻”・馬淵優佳はトークバラエティーや情報番組に数多く出演。

 「夫をかばう姿は妻のカガミで、家庭円満を強調していますが、余計な一言も多く、炎上気味です。また『女性セブン』では、瀬戸選手が競技終了後に自宅に帰らなかったことを報じており、仮面夫婦疑惑も出てきました。

 また、卓球の解説者としてフジテレビなどに出演した“シタ妻”福原愛さんは、『女性自身』に100万円という破格なテレビ出演ギャラや、衣装代は別という特別待遇だったことを報じられ、好感度はさらにダウン。また、五輪期間中に、中国メディアのインタビューを受けたことで、日本や台湾のファンも首をかしげています」(スポーツ紙記者)

 “サレ妻”も“シタ妻”も、五輪という祭りが終わり、今後の仕事は厳しい状況か。 (zakzak編集部)

関連ニュース