記事詳細

【テリー伊藤 狸の皮算用】ワクチン接種で絶倫になった!?編 ネガティブな気持ちが晴れる効能 (1/2ページ)

 無事、ワクチン接種を終えた。モデルナ製だった。特にモデルナの場合、2回目の接種後に副反応として発熱する人が多いといわれているけど、まったく熱も出なかった。

 それどころか、「ワクチン、どうでしたか?」と聞かれたとき、私は「副反応で絶倫になりました」と答えている。

 これ、意外に間違いでもなくて、ワクチンを接種した瞬間、コロナ禍が始まって以来の、この1年半のモヤモヤがスーッと消えていく気がした。コロナに感染するんじゃないかという不安もなくなって、気持ち的にラクになった。

 米国在住のコロナの専門家にも国際電話で「絶倫になった」と言ったら、笑いながら「そんな事例はありません」と言いつつも、「ただ、副反応で肩の凝りがとれたという人はいた」。やっぱりあり得るかもしれないね。

 もちろん2回接種したからといって、コロナに感染しないわけではないことはわかっている。しかし、ちょっと気持ちが晴れたというのが、ワクチン接種で一番大きかった。

 コロナのワクチンについて、20代と30代の約1割が「接種したくない」と考えているという調査結果もあった。私のように思うと、気楽になれるんじゃないか。3回目もあるなら、早く接種したいね。

関連ニュース