記事詳細

【高須基一朗の“瞬刊”芸能】「HERO」での宮迫とキムタクのグータッチに思う…解散「雨上がり決死隊」2人のこれから (1/2ページ)

 東野圭吾の人気小説シリーズを原作とした映画「マスカレード・ナイト」が木村拓哉と長澤まさみの共演で、9月17日に公開される。前作「マスカレード・ホテル」から約2年半。ファン待望の続編では、都心のホテルを舞台に木村が潜入捜査官を、長澤がホテル従業員を再び演じ、“水と油”の迷バディで難事件に挑む。

 容疑者は実に500人。物語が進むにつれ、人気俳優、タレント、お笑い芸人らが次々と登場し、たった1人の犯人を一緒に推理してゆく妙味がある。今年後半期の邦画では、最も話題になりそうな作品の1つだ。

 このタイミングで、木村がダウンジャケットを着た型破りな検察官・久利生公平を演じ、高視聴率を得たドラマ「HERO」が、フジテレビ系で再放送されている。木村をはじめ、小日向文世、勝村政信ら“検察チーム”が毎回、難事件を解決してゆく1話完結型で、ヒーロー物と群像劇が合わさったようなドラマのテイストや、一部で重なる出演者は、「マスカレード・ナイト」の面白さにも通じるところがありそうだ。

関連ニュース