記事詳細

LiSAも病室に駆けつける 夫・鈴木達央が救急搬送、「謝罪なし」の真相 (1/4ページ)

 2年連続となる紅白出場に、日本レコード大賞の受賞、そして結婚。2020年はLiSA(34才)にとって躍動の年だった。そして、その躍動は、2021年にさらに大きなものへと成長していくはずだったが、そんな期待を崩したのが夫の不倫報道。その事実を悲しむ暇さえ与えてくれない、さらなる悲報が彼女の元に届いていた。

 『鬼滅の刃』のアニメ主題歌『紅蓮華』や、劇場版主題歌『炎』を歌い、いまや国民的人気歌手となったLiSA。7月31日、神奈川・横浜市にて行われたライブは自身のソロデビュー10周年を祝うツアーということもあり、LiSAはステージの四方を囲んだファンに対し、「私はみんながいるから大丈夫、みんなも私がいるから大丈夫」と熱いメッセージを送る。しかし、去り際にこう語ったのだ。

 「家は嫌だなぁ」

 そして、横浜2日目の8月1日。この日もLiSAの気になる発言は続く。

 「最低な日の次の日に最高な日があるってすごくない!?」

 その裏で、LiSAの一日を“最低な日”にした張本人である、夫で声優の鈴木達央(37才)は人知れず、“けじめ”をつけようとしていた--。

 夫の鈴木の“ゲス不倫”を『文春オンライン』が報じたのは7月30日のことだった。

 「不倫相手は鈴木さんの仕事仲間でファンでもあった20代の女性です。東京・渋谷区内のシティーホテルを頻繁に使っていただけでなく、LiSAさんの不在時に自宅にも連れ込んでいました。しかも、ミュージシャンでもある彼は、業界的には絶対にNGである公開前の音源を不倫相手に聴かせるなど、仕事上の信頼が失墜する事実まで報じられたのです」(芸能記者)

NEWSポストセブン

関連ニュース