記事詳細

千葉真一さんの歩んだ豪快人生 82歳コロナ肺炎で急逝 ペリー荻野氏「時代劇を世界に…夢の塊のような人」 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスによる肺炎のため、19日に82歳で急死した千葉真一さん。誰もが口をそろえるのが、どこまでも映画への、そして世界進出への夢を語り、まっすぐに突っ走る男だったという豪快過ぎる姿だ。

 千葉さんは7月末に感染。自宅療養を続けていたが、悪化して8日から入院していた。「俺は元気だから」と言って、ワクチンは接種していなかったという。

 「とにかく夢の塊のような人でした。映画に対して熱い思いを持っていました。時代劇を世界にアピールしたいと、語り出したら止まらないんです」と話すのは、時代劇コラムニストのペリー荻野氏。

 千葉さんの作品をレイトショーで上映するというイベントでのこと。

 「終電の時間もあるから上映後のトークは長くならないようにと打ち合わせで何度も言われたのに、始まったら『じゃんけん大会をやろう!』とか脱線して…。スタッフはみんな大あわてでしたね」と振り返る。

 「とにかく自分の思ったことを実現しようと突っ走る。周囲はみんな、それに引っ張られてしまうんです」と元東映の宣伝部長、福永邦昭氏も語る。

関連ニュース