記事詳細

【シネマパラダイス】男女の出会いからすれ違いまでを丁寧に描写 「恋の病潔癖なふたりのビフォーアフター」

 フランス、イタリア、アメリカなど海外の映画祭でさまざまな賞を受賞したリャオ・ミンイー監督のデビュー作。

 重度の潔癖症を抱える青年ボーチン(リン・ボーホン)は一般的な社会生活を送ることができず、疎外感を感じていた。そんなある日、いつものように、防塵服に手袋、マスクという完全防備で外出した彼は、同じような格好をした女性ジン(ニッキー・シエ)に出会う。同じ症状を持つ2人はひかれあい、清らかな恋愛が始まるが、ボーチンの潔癖症が治ったことで、すれ違い出し…。

 男女の出会いからすれ違いまでを丁寧に描写。リン・ボーホンの肉体美も健在。20日公開。上映時間1時間40分。

 【ホンネ】思わず笑みがこぼれてしまう、ほほ笑ましいキュンキュンシーンも多いが、中盤から一転。支え合うことを知ってしまったが故の孤独は本当につらい、つらすぎる! 最後の最後にも驚きが! ★★★★(映画評論家・安保有希子)

 ★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース