記事詳細

【奈良崎コロスケ 音楽とおじさん】第48回 人も時代も… 変わらないものなんてないんだ

 ブルーハーツの人気はデビュー時点で加熱気味でしたが、デビューシングル「リンダリンダ」が有線等で流れ始めるや否や爆発。7月の野音ライブは即日ソールドアウトとなりました。

 一方、CDの販売枚数がレコードを追い抜いたのもこのころ。貞末さんやヨシオのように紙ジャケのレコードを愛し、安っぽいCDにアレルギーを示していた音楽ファンも、オーディオメーカーとレコード会社が一丸となって行ったCD化の流れに抗うことはできなかったのです。(奈良崎コロスケ)