記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】やつれた姿にショック、野々村真「闘病報告」の意義

 俳優の志尊淳(26)や漫才コンビ、トミーズの雅(61)ら芸能界でも感染拡大が止まらないが「重症化する瀬戸際」と報じられていたタレントの野々村真(57)が退院した。レギュラー出演していた『バイキングMORE』(フジテレビ系)に収録で出演し、「生きて帰ってきたよ」と伝えた。

 自身のYouTubeでも、退院を報告。

 「すっかりやせた、というか、やつれてしまった。コロナによる肺炎がどれだけ打撃なのかが映像でよく分かりました」と情報番組デスク。芸能人が闘病報告することの意義をこう明かす。

 「『バイキング』では少し前、芸能人のコロナ感染を報じるべきかどうかと議論していました。公表する人、しない人、人それぞれですが、芸能人の闘病記は、医療関係者の注意喚起よりリアルで怖さがよく伝わる。症状が出なかった人は無報告でいいですけどね」

 “野々村ショック”が行動抑止につながれば闘病報告の意味は大きい。 (業界ウオッチャーX)

関連ニュース