記事詳細

有吉弘行との挙式準備を進める夏目三久 ドレスに合わせ髪伸ばし中 (1/2ページ)

 終わりの見えないコロナ禍は結婚式にも大きな影響を与えている。昨年度に結婚式の延期や中止を余儀なくされたカップルは全国で27万組。延期に延期を重ね、しまいには開催を諦めた人もいれば、規模を縮小して行う人もいる。

 今年の4月に結婚を発表した有吉弘行(47才)と夏目三久(37才)は、結婚式をあげる予定だという。

 以前、バラエティー番組で出演者から「式はやるの?」と聞かれた有吉は、「それはちょっとね、状況も状況ですし……」と答えた。しかし、家族とお世話になった人を数人呼ぶような形で、ささやかな会を予定しているというのだ。

 コロナ禍に式をあげるということには大きな葛藤があったようだ。実際、近年は結婚式をあげる芸能人は多くない。昨年12月に結婚した戸田恵梨香(33才)と松坂桃李(32才)は、挙式・披露宴の予定はなし。昨年10月に一般人男性と結婚した石原さとみ(33才)も、今年5月に結婚を発表した新垣結衣(33才)と星野源(40才)も、挙式・披露宴は未定とされている。

 一方で、結婚式が人生の一大イベントであることに変わりはない。コロナ禍だからといって、自分が主役となれる“晴れの日”を諦めきれない人がいるのも事実。夏目もその1人だったようだ。

 「これまで長い間、交際発覚を恐れて外でデートもできず、つらい思いをさせてきたという罪悪感が有吉さんにはあるようで、これからはできるだけ夏目さんの希望を叶えてあげたいという思いが強いのでしょう。コロナ禍でも可能な限り、彼女のおねだり通りの式にしたいと考えているそうです」(夏目の知人)

 大切にしていた仕事をやめて自分を支える決断をしてくれた愛妻への感謝の気持ちも込められているようだ。

NEWSポストセブン

関連ニュース