記事詳細

GACKT無期限休養も…映画「翔んで埼玉」続編に“とんでもない秘策”アリ 制作関係者「代役はいない」 (1/2ページ)

 人気歌手、GACKT(48)が突然、無期限休養に入ったことで、映画『翔んで埼玉』(武内英樹監督)の続編の撮影は中断されている。前作が大ヒットしているだけに、2022年公開予定も死守したいところ。しかしGACKTの復帰はめどが立たない中、秘策があるようだ。

 GACKTは、8月6日に仕事先のキプロスから帰国後、容体が悪化。現在は容体は安定しているが、一時は命にも関わる状態に陥ったといい、体重は約10キロ落ちたとされる。そして「重度の発声障害」も発症し、医師の判断を受けて、活動休止となった。

 「簡単に言うと、声がうまく出せず話すことが困難な状況。『ここに来てこれか…』と、正直、数日は落ち込んだけども、これは何かを変えるきっかけを与えられたんじゃないのか、『自分なら、GACKTなら必ず乗り越えられる壁だろ!』と、今はそう信じてます」とGACKTは公式サイトで復帰を誓っている。

 『翔んで埼玉』の撮影が8月下旬に始まり、GACKTは9月上旬にクランクイン予定だったが、撮影全体を一時中断。GACKTの体調が戻り次第、再開させるという。

関連ニュース