記事詳細

【シネマパラダイス】アフガン人監督と家族…想像を超える長旅を3台のスマホで撮影 「ミッドナイト・トラベラー」

 アメリカ軍の撤退で注目のアフガニスタンからヨーロッパに難民として逃れる決意をしたアフガン人監督のハッサン・ファジリと家族。想像を超える長旅を3台のスマホで撮影し、アメリカの協力者に送り、ともに仕上げたドキュメンタリー映画だ。世界で23の賞を受賞している。上映時間87分。11日公開。

 ハッサンが製作したアフガニスタンの平和に関するドキュメンタリー映画に憤慨したタリバンは出演男性を殺害し、ハッサンも死刑宣告を受ける。彼は妻と幼い2人の娘とともにスマホを手にアフガニスタンを脱出した。車を捨て、自分の足で国境を越え、ようやくセルビアの難民キャンプにたどりつくが、旅はまだ終わっていなかった。

 【ホンネ】業者に金を払ってルートを教わり、隠れ家に身をひそめ、娘を誘拐すると脅され、反移民の右翼に殴られる。さまざまな困難をスマホの荒い画像がリアルに伝える。だからこそ娘と遊ぶ姿や、夫婦げんかにホッとなごむ。 ★★★★☆(映画評論家・おかむら良)

 ★5つで満点、☆=星半分

関連ニュース