記事詳細

香取ら「新しい地図」紅白出場なら…SMAP、再集結の可能性 パラで献身的活動“今年の顔”に (1/2ページ)

 東京五輪に続いて、東京パラリンピックも多くの感動を残して、無事終了した。そんな中、選手と同じぐらいに注目されたのが元SMAPのメンバーたちだ。表彰式のプレゼンターとして登場した稲垣吾郎(47)、草なぎ剛(47)、香取慎吾(44)の3人だが、今年の大みそかのあの番組にも出演する可能性が高くなっている。

 2018年、国際パラリンピック委員会(IPC)の特別親善大使に就任した3人は、イベントやSNS、テレビ番組などを通じてパラスポーツの魅力を伝えてきた。

 「もともとはSMAPが15年に日本財団のパラリンピックサポートセンターの応援サポーターに就任したのが始まりです。しかし、ご存じの通り、SMAPは16年で解散してしまいました。その後、稲垣、草なぎ、香取の3人が引き続きスペシャルサポーターとして活動しているんです」とスポーツ紙記者は話す。

 今回のパラリンピックでは、稲垣が競泳男子100メートル平泳ぎ、草なぎはボッチャ個人、香取が陸上男子400メートルなどの競技の表彰式にプレゼンターとして登壇した。

関連ニュース