記事詳細

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】裁判で涙も「ヨダレと一緒なんで」へずまりゅう言動に虫唾が走る 望まれる迷惑ユーチューバーへの厳罰化 (1/2ページ)

 〈裁判無罪やないし不服のぷんぷんやから今日控訴したわ! ひろゆきさんも去年擁護してくれてたし無罪じゃろうがオラ 無罪無罪無罪無罪無罪無罪…〉

 ツイッター上で、なぐり書きした「控訴」の半紙を広げ、両目を釣り上げ不敵な笑みを浮かべる丸刈りの男は迷惑ユーチューバーのへずまりゅうとして知られる原田将大被告(30)。先月27日、名古屋地裁岡崎支部は、昨年5月スーパーで魚の切り身を会計前に食べたとして窃盗罪などで、懲役1年6月、保護観察付き執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。

 「迷惑行為を撮影しYouTubeにアップ。3カ月で2度逮捕されていますが、大阪・アメリカ村の衣料品店では『Tシャツは偽物』と騒ぎ、店員を罵倒。威力業務妨害と信用毀損の罪に問われました。また有名人に突撃して因縁をつけたり、通行人や警察にまで悪態をつくなど最悪最低の輩です。しかしネット上で熱狂的信者がついたため、多い時で月200万円は稼いでいた」(全国紙社会部記者)

 コロナ禍なのにノーマスク。保菌者の彼が行く先々で感染させていたことも問題となった。3年前には建造物侵入により執行猶予付きの判決を受けたにもかかわらず、犯罪行為はやめなかった。一方、裁判では号泣して反省し、「ユーチューバーはやらない」と誓っていたが、判決直後の動画で「反省、ぜろ~」とおどけ、サイトホストが裁判で流した涙は演技だったのかと突っ込むと、「自分の涙、ヨダレと一緒なんで」。さらに「日本の迷惑系ユーチューバーを駆逐する。悪い奴は許さん」と叫んだ。

関連ニュース