記事詳細

【ぴいぷる】加藤和樹 つまずいた過去も赤裸々に…「足踏みしたから今がある」 「K. KベストセラーズII」記念アルバム9月15日発売 (1/3ページ)

 アーティストデビュー15周年、初のレギュラードラマ出演から18年という輝かしい芸歴には“空白の1年半”がある。15周年記念のメモリアルブックで、この空白期間について初めて明かした。

 「ようやくオープンにできて、心のとっかかりが外れた気がします」

 2002年、若手俳優の登竜門である「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」のファイナリストに。ところが、高校卒業とともに上京して所属した芸能事務所が、半年で倒産した。

 やりたいことを見失い、アルバイトをしながら友人のダンスグループを1年半近く“追っかけ”する日々。メンバーの反省会に参加する中で出会ったのが、現在のマネジャーだった。

 拾われるようにして所属した事務所で、ミュージカル「テニスの王子様」のオーディションに合格、人気キャラクターの跡部景吾役で一躍、脚光を浴びた。

 再び芸能界に生きる場所を求めた。そこからは「仮面ライダーカブト」の仮面ライダードレイク役や綾瀬はるか主演の連続ドラマ「ホタルノヒカリ」の重要な役に抜擢。アーティストとしても06年にCDデビューし、2年後には日本武道館でライブを行うまでになった。

 しかし、当の本人は「目標が見つかったは良いけれど、右も左もわからなくて。期待に応えられないふがいない自分にいつも腹が立っていました」と振り返る。

関連ニュース