記事詳細

【こだわりの極意】観れば観るほど「あぁ、こういう奴が連続殺人鬼になるんだ…」 面白いを通り越した『ヴェルサーチ暗殺』 (1/2ページ)

 またしてもNetflixだ!

 今度はアメリカン・クライム・ストーリーの『ヴェルサーチ暗殺』。1997年、米マイアミの邸宅前で、デザイナーのジャンニ・ヴェルサーチが、シリアルキラーの超絶身勝手男、アンドリュー・クナナンに殺害された実話に基づいて作られたドラマだ。

 しつこいほどに、劇中の会話は事実から膨らませて作ってる的なテロップが出るくらいだから、むちゃくちゃ脚色されてるんだろうが、むちゃくちゃオモロい! いや!オモロいを通り越して気分が悪くなった!

 2018年リリースのドラマですが、とにかくヴェルサーチ役のエドガー・ラミレス・アレジャーノが本人に似てるのに興奮したり、ペネロペ・クルスがヴェルサーチの妹役で出てたりで、うわっ~!となったりしますが、なんと言っても、アンドリュー・クナナンを演じたダレン・クリスがすごすぎる。調べたら、『グリー』にも出てたの!? あ! あれだ! あのゲイの生徒役だ!

 それに、なになになに~! このシリアルキラーの役でエミー賞やゴールデングローブ賞、その他、取りまくってんじゃん。そりゃそうだよ。

 変に極悪な表情しないのに、眼が変なのよ! 完全におかしいのよ! あんまり書くとつまらないからやめるけど、この男、たまにダンスするんだけど、とにかくそれがキモいの! キモすぎるの!

関連ニュース