記事詳細

【ぴいぷる】女優・中村アン “できる女”の仮面の下は…? 初社交ダンス「木村さんと控え室で2人落ち込み」 17日公開、映画「マスカレード・ナイト」出演 (3/3ページ)

 取材の撮影でカメラを向けた瞬間、「演技に自信がなく…」と語っていた表情は一変。現場で何度も監督に怒られながらも、逃げずに立ち向かってきた女優の覚悟が全身から発散され、修羅場で培われた自信に満ちたそのたたずまいは、ほれぼれするほど格好良さを漂わせていた。

 強くて、でも、実は、か弱くて。イメチェンを模索するのもいいのだけれど、この相反する個性を内在する彼女には、このままでいいのではないかとも思えてくる。中村アンという女性の意外な一面とその魅力をまたひとつ知ってしまったからだ。(ペン・波多野康雅 カメラ・納冨康)

 ■中村アン(なかむら・あん) 女優、モデル。1987年9月17日生まれ。33歳。東京都出身。目白学園高校、東洋英和女学院大学時代、チアリーディング部で全国大会に出場。2009年、芸能界デビュー。18年、ドラマ「ラブリラン」で主演。織田裕二主演「SUITS/スーツ」(18年~)シリーズ、木村拓哉主演「グランメゾン東京」(19年)など出演多数。映画「マスカレード・ナイト」は17日から全国公開。コロナ禍、在宅時間が増えたことが今の悩み。「トレーニングの時間が増えました。休みたくないんです。動くことを止めたら死んでしまう。マグロみたいでしょう」

関連ニュース