記事詳細

1stガンダムの隠れた名作「ククルス・ドアンの島」映画化でファン大興奮「誰が予想できた笑」「作画はそのままでw」 (1/2ページ)

 1979~80年に放送されたロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」。ファンの間で“ファーストガンダム”と呼ばれる同作の第15話「ククルス・ドアンの島」が、ガンダムのキャラクターデザインなどを担当した安彦良和さん監督で、2022年に劇場版として公開されることが15日、作品の公式HPで発表された。これを受け、往年のガンダムファンらから、さまざまな声がSNSに集まっている。

 ファンの間で名作として知られる「ククルス・ドアンの島」。しかし、この話は、放送された全43話において、内容が作品の本筋から少し離れており、人気モビルスーツが登場する訳でもなく、全体的に見ればとても“渋い”1話だ。発表では、そんな第15話を新たな切り口で描くという。ツイッターではこの日、「ククルス・ドアンの島」がトレンド入り。ガンダムファンから「めちゃ期待!」「マニアックすぎるw」など、さまざまな感想が届いている。

 「ククルス・ドアンの島」は、主人公、アムロ・レイがある島に不時着するところからスタート。そこでアムロは、敵国ジオンの脱走兵、ククルス・ドアンと出会う。島で暮らす人々とアムロの交流などを通じ、視聴者に戦争の悲哀を伝えるというストーリーだ。

関連ニュース