記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】謝罪・反省続きの日テレで「スッキリ」しない“ギリギリ演出” 「PUFFY」25周年でこれまたズッコケ

 デビュー25周年を迎えた人気デュオ、PUFFYを見舞った放送トラブルが、これまたずっこけだ。

 ハプニングは、朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で起きた。バックバンドがセッティングをする前に前奏が鳴り始めてしまったのだ。

 「調整室のスタッフが、ボタンを早く押してしまったのが原因です」と番組関係者。

 「うちら的にはあのコーナーはいつもカラオケなので、別段驚きはないですね。番組の反省会でも叱責されるようなことはなかったですね」

 そもそもテレビ局で、演奏を含めて歌を流すことができるのは別のスタジオとつなぐことができる音楽番組だけ。

 「情報番組のスタジオは楽器を演奏し、それをきちんと流す作りになっていないんです。生演奏しようとすると、あの時間帯に演奏するには、逆算してリハは何時からだ! ってなりますからね。PUFFYの2人は近くのホテル泊ですが、バンドのメンバーは朝の集合だったようです。番組上も“生歌披露”とはPRしますが、“生演奏”“生ライブ”とはしない。ギリギリの演出だと思ってください」(前出の番組関係者)

 差別発言や脱ステロイド問題で謝罪・反省続きの日テレだけに気を引き締めたいところだ。 (業界ウオッチャーX) 

関連ニュース