記事詳細

元NHK大越健介氏『報ステ』 初日が岸田政権発足の“強運“で「久米宏とは違う」の声 (1/2ページ)

 元NHKの大越健介氏が、『報道ステーション』(テレビ朝日)のメインキャスターとして4日から番組に登場。初日とは思えぬ安定感を見せ、順調な船出を飾った。平均世帯視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 1961年生まれの大越氏は東京大学卒業後、1985年にNHKに入局。政治部記者を経て2010年に『ニュースウオッチ9』のキャスターに就任し、その後も『サンデースポーツ』『NHKスペシャル』など、NHKの看板番組を歴任した。そんな大越氏の『報ステ』抜擢が発表されたのは、今年7月のこと。定年退職後わずか10日あまりでの“電撃移籍”だった。

 「大越氏は『ニュースウオッチ9』を担当していた時、ニュースの合間に政権に批判的なコメントを差し挟むスタイルが話題となり、番組降板時には“官邸が圧力をかけた”とも噂されました。『報ステ』は報道番組の中でも政権と距離を置く報道姿勢を取っているため、相性的にはピッタリ。初日の放送を見ましたが、最初はやや緊張していた様子もありましたが、中盤ぐらいからすでに10年ぐらい番組を続けてきたような落ち着きぶりでしたね」(フリー記者)

 注目の初回放送に対し、Twitterには、

 「凄い安定感。 安心して見ていられる」

 「大越さんさすがです。安心して観ていました」

 「やっぱスゲーわ。話題を周りに振って、まとめる余裕」

 といった声が登場。

 「毎日見たい。期待しています!!」

 「長く続けていただきたい」

 と評判は上々だ。

NEWSポストセブン

関連ニュース