記事詳細

「すみっコぐらし」の映画第2作 主題歌はBUMP新曲 予告映像で一部公開「優しいサウンドがすごく合う」と絶賛 (1/2ページ)

 キャラクタービジネスを手がけるサンエックスの人気キャラクター「すみっコぐらし」の映画作品第2弾「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」(11月5日公開)の主題歌が、人気ロックバンドのBUMP OF CHICKENの新曲「Small world」に決定したと13日、映画の公式サイトで発表され、すみっコぐらしやBUMPのファンが歓喜に沸き立っている。

 すみっコぐらしは、2012年に「ここがおちつくんです」をキーワードに誕生したキャラクター。かわいさだけでなく、少しネガティブでシュールなキャラクターやストーリーが幅広い層の人気を集めている。電車に乗ればすみっこの席から埋まり、カフェに行ってもできるだけすみっこの席を確保したい…といった日本人の多くが持つ思いを「すみっコ」たちが体現している。19年公開の前作「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」は観客動員数が120万人を突破するほどのヒットを記録。キャラクターたちが作り上げる世界観に大人も夢中になった。

 今回の主題歌決定にあたっては、BUMPのファンである作者のよこみぞゆりさんの想いを聞いた大森貴弘監督、プロデューサーはじめスタッフが満場一致で賛同、オファーしたことにより実現。同曲は、美しいバンドサウンドとやさしい歌声が印象的なミディアムナンバーで、すみっコたちと聴いた人にそっと寄り添い、映画の世界観をより一層豊かに彩る楽曲に仕上がっているという。

関連ニュース

関連ニュース