記事詳細

小林麻耶 スピ夫と完全決別「芸能活動再開」と「結婚記念日スルー」 (1/2ページ)

 フリーアナウンサーの小林麻耶(42)が10月24日にInstagramを更新し、12月7日よりアトリエファンファーレ東新宿にて上演される舞台『受付』で二人芝居に挑戦することを告知した。

 昨年11月に当時の事務所である生島企画室との契約を終了して以来、小林をメディアで見る機会は激減しているが、舞台出演で再始動するということだろうか。小林が芸能界の第一線を去った裏側には、夫である整体師の「あきら。」こと國光吟氏(38)の存在がある。最愛の妹・小林麻央さんが亡くなって間もない時期にセラピーを通じて急接近したふたりは、2018年7月、出会って2か月での“交際ゼロ日”電撃婚に至った。

 仲睦まじく暮らしていた夫婦は、2020年の秋口頃からトラブルを引き起こすようになる。

 「國光さんが、麻耶さんの仕事に同行し始めたんです。しかも『その服はよくない』とか『撮影の方角が悪い』などとスタッフに指示を出すようになった。その行為が目に余り、番組側が國光さんに同行しないようにとお願いしたところ、今度は麻耶さんが精神的に不安定になってしまったんです」(テレビ局関係者)

 そういった経緯があってか、小林は当時レギュラーコメンテーターを務めていた『グッとラック!』(TBS系)を突然降板。生島企画室との契約も終了し、YouTubeチャンネル『コバヤシテレビ局』に発信の場を移した。そのような小林を心配する声も周囲にあった。

 「國光さんが麻耶さんの知名度を生かしてビジネスをしようとしているように見受けられました。麻耶さんは國光さんに利用されているのでは? 周囲では、そうした心配の声も大きくなっていきました。でも麻耶さんはスピリチュアルな國光さんに心酔していて、何を言っても聞く耳を持たない状態でした」(麻耶の知人)

NEWSポストセブン

関連ニュース

関連ニュース