記事詳細

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】一度壊れてしまったら…無理やり直そうとして「ああっ!」の結末 (1/2ページ)

 ★其ノ四百弐

 卵焼きを作っている最中に、油が足りなかったのか、はたまた私の力量不足のせいか、いびつな形になってしまうことがあります。

 焼く、巻く、焼く、巻くの間に卵の層が破けたことも…。一見もう焼いてしまったがゆえに取り返しのつかない現象かと思いましたが、濡れた布巾で形をそーっと理想の形に整えると、いびつな部分や破けた部分がやんわりと修正されるという裏技もあります。

 材料を焦って次々に投入して、ダマになってしまった(温度差でカタマリができやすくなります)カスタードクリームやホワイトソースも手遅れかなとあきらめかけたこともありましたが、裏ごししたりちょっと温めてひたすら泡立て器でかき混ぜることで、なんとか舌触りがなめらかになったりもしました。

 料理は慎重に行程をふむことが大前提ではあります。しかし失敗は起こらないとは限りません。最近では料理研究家の方や愛好家の方のアイデアがいろいろな媒体を介して広がっております。なので万が一「あっ!しまった!」という手遅れ感漂うハプニングが生じても、何とか立て直せる技があれこれ生み出されており、大変助かります。ごまかし? いえいえ、軌道修正という立派な調理過程ですよ。モノは言いようです。

関連ニュース