記事詳細

【ぴいぷる】アーティスト・日比野克彦「世を救う学問こそ芸術」 18年継続する「明後日朝顔プロジェクト」を軸に兵庫・姫路で壮大アートを展示 (1/3ページ)

 「明日(あした)と違って『明後日(あさって)』って、何かあやふやではっきりしないけど、必ずやってくるでしょう。不確かなんだけれど希望がある。そう信じてるんです」

 朝顔の種をまき、そこで育った種を別の土地にまく-。18年間続けてきた、この「明後日朝顔プロジェクト」は日本全国29地域へと広がった。

 目下、そのプロジェクトを軸にした美術史上でも「おそらく初の試み」を兵庫・姫路で進めている。種を介して人と人との関わりという“種”をまき、街と山と海をつなぐ壮大なアートだ。それに合わせ、姫路市立美術館で20日から「ザ・ミュージアム・コレクション・ミーツ・ヒビノ『展示室で会いましょう』」が開かれる。

 美術館学芸員と協働したコラボ展で、会場には40年以上かけて作った段ボールアートの作品群が、ところ狭しと並ぶ。

 さかのぼれば1982年、権威ある「日本グラフィック展」大賞を、東京芸大大学院生が段ボールをキャンバスに創作した作品で受賞し、美術界を騒がせた。

 「応募規定では平面に描かれた絵画のみ。果たして段ボールは平面と言えるのか? 審査はもめたようですね」と振り返る。

 「そのときはわずか1センチの厚みで大騒ぎしたのですが、翌年から、段ボールから5センチも飛び出した創作物など、立体としか呼べない応募作が急増したんです。審査員たちは私のせいにしましたよ」と苦笑する。

関連ニュース