記事詳細

無事放送できるか…紅白に漂う“不穏な空気” まさかの「放送禁止コール」に、しゃべり暴走の出場者でNHKヒヤヒヤ (2/2ページ)

 電話帳ほどの分厚さがある紅白。番組開始と同時に、司会者にはディレクターから“巻き”の指示が出るほど、生放送は時間との戦いだ。

 「今年の司会は昨年に続き俳優の大泉洋ですが、登場する番組やイベントではしゃべりすぎを注意されるほど。昨年は内村光良という重しがあったので無事大役をこなしましたが、内村のいない今年は大丈夫でしょうか」とテレビ誌編集者は懸念する。こう続ける。

 「エレファントカシマシの宮本浩次も不測の事態を起こしがちなタイプ。バンドで出場したときはトークが長くなりそうになり、強制終了させられた過去があります。彼をいかに制御するかも注目ですね」

 今年の紅白のテーマは「カラフル」。スタッフの目を白黒させることがおきなければいいが…。

関連ニュース