記事詳細

【大鶴義丹 それってOUTだぜ!】ばかばかしい“コロナバブル” 半導体不足で新車は「納期遅延」、中古車は便乗値上げの「ぼったくり価格」 (1/2ページ)

 コロナ禍も多少落ち着いてきた秋晴れの日曜日。友人夫婦が、新車購入の見積もりのため、某国産自動車メーカーのディーラーに向かった。

 彼らが欲しかったのは人気SUVで、値段帯としては300万円ほどである。しかしその帰り道、2人の表情は一転、どんよりとした曇り空のようだった。

 その夜、私はその夫と駅前の居酒屋に行った。ビールでのどを潤した後、開口一番に彼がいったのは…。

 「最低でも半年待ち、それ以上の可能性もあるといわれて、バカバカしくなって帰ってきたよ」

 ディーラーマンいわく、本来は1カ月から2カ月だった納期が、これほどに長くなった理由は、コロナ禍による半導体不足から、海外を含めて電子パーツが足りないためだという。

 たったひとつの小さなパーツが足りないだけで、工場では車が組み立てられないそうだ。それを見込んでメーカーが減産しているのだ。

 その某自動車メーカーの減産が、「下請け部品メーカー」に打撃を与えているという報道を思い出した。

 また、そのディーラーマン自身も、納期の遅延で顧客が多いにもかかわらず、販売実績が伸びずに困っているという。

 客の物欲がわき立っているというのに、どうしてか誰も得をしていない状況のようだ。

 私はモデルチェンジのサイクルが早い国産車は、長期の納期期間を我慢してまで買うものではないと思っている。

 10カ月後、納車された途端にマイナーチェンジや特別モデルが発売されるのがオチだ。また新車としての価値が目減りする時間を取られているような気がする。

 私は、彼に程度の良い中古車を探してみてはといった。

 「確かに、高級外車でもないのに半年待ちはあり得ないね…」

 彼はそういって笑っていた。だが1週間後、彼から怒りのメールが送られてきたのだ。

関連ニュース