記事詳細

【編集局から】「金田一」シリーズ出演を懇願されるもオファー蹴る 浅丘ルリ子さんインタビュー裏話

 本日の18面ぴいぷる欄にご登場いただいたのが女優の浅丘ルリ子さん。インタビューでは貴重なお話をうかがったのですが、紙幅の都合ですべてを盛り込むことはできませんでした。なので、少しだけエピソードを蔵出しさせてください。

 浅丘さんといえば、俳優の石坂浩二さんとかつて夫婦だったことは、読者のみなさんもご存じのことと思います。そして石坂さんは、市川崑監督の「金田一耕助」シリーズでおなじみです。

 浅丘さんは、市川監督から何度も「金田一」シリーズへの出演を懇願されたそうですが、「夫婦で出るのは嫌だ」といって断ってきたのです。しかし市川監督は、石坂さんも出演した『鹿鳴館』(86年)を撮影するときに、「夫婦だなんだといわず、この役は絶対にやってくれ」と浅丘さんを口説き落としたとのこと。で、夫婦共演と相成ったそうです。

 それにしても、浅丘さんが「金田一」シリーズに出演していたらと思うと返す返すも残念です。市川監督の「金田一」では必ずメインの美人女優が犯人でした。原作とは犯人が異なるケースもあるほどです。浅丘さんなら、どの作品だったかなと思うと『女王蜂』の家庭教師役なんかがいいのではと思うのですが…。

 思わず、ご本人にも「出てほしかったですねえ」とこぼしてしまいました。 (F)

関連ニュース