記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】プレスメールに違和感…内山理名“結婚ありき”の取材会 父親役の内藤剛志は「吉田栄作が憎い」

  さて今週、結婚後初の公の場に登場したのは、女優の内山理名(40)。21日に俳優の吉田栄作(52)と結婚した直後、ドラマの取材会の案内が届いた。ウェブサイト記者が苦笑する。

 「結婚発表2日前の午後3時近く、BS-TBSの広報担当者から『プレス各位』というメールが届いたんです。その冒頭付近に『非常に急なご案内で恐縮です!』と書かれていたんです。いつもと違う違和感を覚えましたが、その謎が結婚発表で解けました」

 ドラマは「ホテルマン東堂克生の事件ファイル~八ケ岳リゾート殺人事件」。

 「単発ドラマで放送は来年1月22日。この段階での取材会も珍しいし、あったとしても情報解禁は先に設定される。これは結婚ありきの呼び込みだと分かりました」(前出・ウェブサイト記者)

 取材会当日。父親役の内藤剛志に「(父として)吉田栄作が憎い」といじられても、内山は笑顔で対応。「喜びは倍、悲しみは2分の1になる」と結婚効果を語る内藤に「来年はそれを目標にします!」と朗らかに語った。お幸せに! (業界ウオッチャーX)

関連ニュース