記事詳細

【業界ウォッチャーX 芸能ニュース舞台裏】鈴木保奈美“肩透かしコメント”にがっかり 自身にとっての「LOVE」問われ

 「〇〇後初となる公の場に登場」というお定まりのフレーズが、芸能ニュースにはまま見られる。

 今週、離婚後初の公となったのは、女優の鈴木保奈美(55)。都内で行われたカルティエのクリスマスツリー点灯式に出席した。

 「ブランドのテーマ『LOVE IS ALL』に関連し、自身にとってLOVEとは何かと聞かれたのですが、本当に優等生のお答え。お芝居をしたり文章を書いたりすることがお役に立てたらなと思っています、でした。LOVEは愛ですから、いくらでも女優として艶っぽい話もできた。にもかかわらず無味乾燥なコメント…。メディアを注目させる欲がないというか」と肩透かしなコメントにウェブサイト記者もがっかり気味。

 出産後初の公の場は女優の榮倉奈々(33)。2月に俳優で夫の賀来賢人(32)との間に第2子を出産して以来、公の場に姿を見せるのは初。

 「都内にオープンした英ジュエリーブランド『グラフ銀座本店』のオープニングセレモニーに出席しました。取材陣は見出しに取れるような発信力を期待していたのですが、ダイヤの印象を聞かれた榮倉が絞り出したのは『神秘的で生まれたての赤ちゃんの目のような青さですね』だけでした。キャッチーなことをいえば、ブランドにも貢献できるはずですけど」(情報番組編集スタッフ)

 もっと発信力強化を! (業界ウオッチャーX)

関連ニュース