記事詳細

ガッキー4年ぶりの映画に「天使を大きな画面で見れる」とファン歓喜 22年7月公開「GHOSTBOOK おばけずかん」 (1/2ページ)

 女優、新垣結衣(33)が来年7月22日公開の映画「GHOSTBOOK おばけずかん」(山崎貴監督)に出演すると29日、サンケイスポーツなどが報じた。久しぶりの映画出演にファンが歓喜し、同日朝のヤフーリアルタイム検索トレンド上位に「おばけずかん」がランクインした。

 「GHOSTBOOK―」は、図書館で人気の絵本「おばけずかん」シリーズが原作。どんな願いもかなえられる古書店の本をきっかけに、お化けが住む不思議な世界に迷い込んだ子供たちの奮闘と成長を描く。新垣は、主人公の子供たちと試練に巻き込まれる新米教師・瑤子役。不測の事態に翻弄される姿をユーモアを交えて演じる。

 新垣は5月に、TBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で共演した歌手で俳優、星野源(40)との結婚を発表。6月にTBS系「ドラゴン桜」の最終話にゲスト出演したが、映画出演は2018年の「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」以来4年ぶりで結婚発表後初となる。新垣のほか、18年の第71回カンヌ国際映画祭で最高賞・パルムドールを受賞した映画「万引き家族」(是枝裕和監督)での好演が光った城桧吏(15)が子供役で出演、古書店の店主役を神木隆之介が演じる。

関連ニュース