芸能の連載

BOOK
BOOK

庶民の人生の辛い部分に寄り添ってきた「浪花節」 浪曲師・玉川奈々福さん『浪花節で生きてみる!』

 かつて大衆芸能の華だった浪曲は、昭和の高度成長の波とともにブームが去った。が、今、新しい世代のファンを増やしブームは再燃中だ。その牽引車のひとり、玉川奈々福さんが“浪花節的こころ”を啖呵と節を織り交ぜて唸り解く。 文・高山和久/写真・松井英幸【記事を読む】