芸能の連載

BOOK
BOOK

ある日ポロッと涙が…父に言えなかった「さようなら」 養老孟司、小堀鴎一郎共著『死を受け入れること』

 これまでに3000体もの死体を観察してきた解剖学者と、400人以上の命を看取ってきた元外科医の訪問診療医が、死をテーマに語り合った。共に80歳代前半で、東京大学医学部の同窓だ。両者にとって初の対談集『死を受け入れること』の刊行を振り返って、養老孟司さんに話を聞いた。 文・たからしげる(写真提供・養…【記事を読む】