芸能の連載

エンタなう
エンタなう
中本裕己

悪のカリスマが抱えた“哀しきルーツ” 映画「ジョーカー」

 すごい映画を見てしまった。映像の持つ負のオーラにくらくらする。DCコミックスで「バットマン」の悪役として広く知られた男の出生の秘密を暴く「ジョーカー」(公開中)。ホアキン・フェニックス演じるアーサー(後のジョーカー)には、いまの世界が抱える憎悪と哀しみが凝縮されている。【記事を読む】