爆笑・田中“離婚”の代償…年収1億超、共有名義マンション

2009.10.05


爆笑問題の田中裕二【拡大】

 2日に協議離婚したことを発表したお笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(44)。4日、司会を務めるTBS系「サンデージャポン」(日曜午前10時)の生放送で、元妻(35)との9年にわたる結婚生活を振り返り、共演者から離婚原因について激しく突っ込まれた。

 浮気が原因かと聞かれると、「価値観の相違。フラれた感じです。ずっと忙しくて…すれ違いもあった」と寂しげにつぶやいた。離婚話は8月に妻から切り出され、「のりピー事件とかで大騒ぎしてましたが、こっちはそれどこじゃなかった」と告白。

 「この夏2回、ウンコをもらしたことが原因かも」と笑わせながら、離婚届を出すまでは「別居もせず寝室も一緒だった」と明かした。また、慰謝料については、「ないけど、財産分与はします」と明かしている。

 お笑いタレントでNo.1人気をキープする爆笑問題の田中は、相方の太田光(44)とともに高額納税者として知られ、昨年8月には、太田夫妻と3人で大阪府に1000万円もの「ふるさと納税」を支払った太っ腹ぶりが話題に。現在もレギュラー番組を11本も持ち、「年収は軽く1億は超える」(放送関係者)といわれる。

 離婚問題にくわしいジャーナリストは「共有名義のマンションや貯金は分割され、専業主婦だと受取額は3分の1程度のケースが多い」と解説。田中には子供はなく、離婚調停でもつれることもなかったため、十分、独身貴族を味わえそうだ。2000年に左睾丸肥大の摘出手術を受けた田中。1つでも生殖機能には全く問題ないといい、次の「タマの輿」を狙う女性が注目される。

爆笑問題
 

注目情報(PR)