反省の言葉なし…エリカ様「想定外」会見でアクシデント

2010.03.16


エステの新CM発表会見に出席した沢尻エリカさん =16日午後、東京・汐留(松本健吾撮影)【拡大】

 「別に…」発言がきっかけで日本の芸能界から距離を置いていた女優、沢尻エリカ(23)が16日、東京・新橋のホテル「コンラッド東京」で、たかの友梨ビューティクリニックの新CM発表会見に出席。2年半ぶりにマスコミの前に姿を見せた。

 約250人の報道陣が待ちかまえる中、沢尻はエステで磨いた美脚を見せつけるミニスカートに白いツーピース姿で登場。約8秒、深々と「90度」に上半身を折り曲げるおじぎをしてみせた。

 司会のフリーアナウンサー、中井美穂(45)からあいさつをうながされると、白い歯がこぼしながら、「今日は…私はここに…何を伝えたらいいのか…ずっと考えて参りました。正直、不安もいっぱいありますが、どうか温かく見守っていただけるとうれしく思います」と、こみあげる思いをこらえながら、ゆっくりと礼を述べた。

 一連の騒動には「今回の始動に際しまして、大きな物議をまたしても呼んでしまったことを、私へのバッシングはともかく、たかの友梨、クライアントの皆様に大変なご迷惑を呼んでしまいました。とても残念に思っております」と、初めて自らの口で陳謝した。

 その後は中井アナからの質問に答える形で進行。CMのコピーの「沢尻エリカ、解禁。」についての印象には「まさに、カイキンですね」とニッコリ。事実上の謹慎期間に追い込まれた2年半については「私が求めていたのは普通の生活がしたかった。何気ない日々がとても刺激的で楽しかった」と振り返った。質疑が終わったときも、5秒以上の深々としたあいさつ。以前の高飛車的イメージ払拭に努めた。

 アクシデントがあったのは終了時。会見は出席者からの質問は一切認めないスタイルだったが、去ろうとする沢尻に、リポーター陣から「反省してるのか」「(沢尻サイドに不都合な取材を一切行わないと誓約させる)6箇条は撤回するのか」と矢継ぎ早に質問が投げかけられた。すると、沢尻は整然とした口調で「(撤回)するつもりはありません」「今回のことはスタッフが考慮したうえでしたこと。騒動に発展したのは想定外でした」と答え、マスコミへの反省の言葉はなかった。

 沢尻はこの日発売の女性自身や、17日発売の週刊文春では独占ショットのセミヌードを公開。一方で多くの新聞、テレビとの溝は埋まらないままの復帰となった。

 

注目情報(PR)