中国もビックリ?テレ東が真央トリプルフリップ“偽装”

2010.04.24

  • イザ!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマークに登録


浅田真央【拡大】

 女子フィギュアスケートの浅田真央(19)らが出場し、テレビ東京が今月11日に放送した「スターズ・オン・アイス 2010」で、浅田が転倒したシーンをカットし、別の日の演技で成功したシーンに差し替えて放送していたことが分かった。つぎはぎだらけの放送ながらもテレ東は「問題ない」としているのだが…。

 アイスショーは9日から11日まで東京・代々木第一体育館で行われた。同局によると、浅田は放送した9日の演技でトリプルフリップを失敗して転倒。その部分を成功した10日のトリプルフリップに差し替えて放送した。

 このほか、小塚崇彦(21)と羽生結弦(15)もジャンプを失敗したため、その部分だけ成功した10日の演技の映像と差し替えた。

 テレ東の島田昌幸社長(65)は23日の定例会見で「あくまでショーなので問題はない。選手の妙技を見てほしかった。編集上の工夫が入っていい」と、スポーツよりエンターテインメント性を強調した。“合成”された演技を見せられた視聴者は本当に喜ぶのだろうか。

 

注目情報(PR)