麻木vs大桃 ヒモ男・山路氏の婿入り“不可解な改姓”

2010.12.27


苦しい言い訳に終始した山路徹氏。大桃美代子、麻木久仁子と“転戦”の末に自爆した【拡大】

 タレント、大桃美代子(45)の前夫で、タレント、麻木久仁子(48)との再婚、破局が発覚したAPF通信社代表の山路徹氏(49)。“不倫”の発覚のきっかけは、麻木の籍に婿養子に入る形で、麻木の本名の松本姓を名乗っていたためだった。戦場取材で素性を隠すための改姓とみられるが、それが仇となって“自爆”した格好だ。2人の美熟女を手玉にとったモテ男は絶体絶命の窮地に立たされている。

 山路氏は26日に都内で会見。それによると、今年11月にミャンマー政府に拘束された際、本名が「松本徹」となっていたのをインターネットで大桃に発見されて問いつめられ、麻木との婚姻関係を告白したという。

 大桃と離婚したのは06年6月。「(その後)麻木さんと再婚したのは事実です」と認めたものの時期は明かさず。大桃との結婚前にも別の女性と結婚、子供をもうけているといい、3度目の結婚だった。

 麻木の籍に婿養子に入る形で、麻木が今も本名としている松本姓を名乗ったが、約1カ月前に離婚。

 麻木には前夫との間に16歳の娘がおり、松本姓を名乗った理由について、山路氏は「娘さんの問題があるから。同居もしなかった」と説明した。

 なんとも不可解な改姓だが、報道関係者はこう推測する。

 「戦場での潜入取材に便利だったからではないか。山路さんは1990年にミャンマーを訪れた際、入国管理局で『ビジネスマン』だと言ったら、『ジャーナリストだろ』と言われて拘束され、強制帰国された過去がある。麻木との結婚も、改姓が目的だったのかもしれない」

 山路氏は麻木と十数年前から報道番組などで仕事をしていたが、2003年6月に大桃と結婚して約1年後に関係は親密になったという。

 会見では、「2人きりでは04年から一緒に食事をするようになった」「そうした付き合いが続く中で、麻木さんの魅力にどんどんひかれていった。05年の後半ぐらいから(心を)分かち合える仲になった」と告白した。

 報道陣から「不倫の意識はあった?」と聞かれると苦笑いを浮かべ、「不倫ではなくて…と言っても世間には通用しないでしょう」と渋々、認める形に。が、男女関係になった時期についての質問には、「それはプライベートな話。公共性はない」と気色ばんだ。

 麻木も1994年4月に作曲家、松本晃彦氏(47)と結婚していたが、山路氏との関係が深まる中で2006年3月に離婚した。

 そのころの山路氏と大桃の夫婦関係について、麻木は「破綻していると聞いた」、大桃は「破綻していなかった」とそれぞれ会見で語ったが、山路氏は「どちらも正しい」と2人をかばった。

 その理由について、山路氏は「大桃さんはそのころ韓国に留学していたので、コミュニケーションを取れなかった。だから破綻したとは思っていなかっただろうし、麻木さんには自分の気持ちを打ち明けていた」とし、大桃への愛情がすでに冷めていたことを告白。

 「麻木さんに対する気持ちは本当で心が傾いていた。大桃さんには、自分の気持ちを伝えることができなかった。“残酷な沈黙”だった」と語った。

 大桃は離婚後も山路氏とは一緒に仕事をしてきただけに、ショックは計り知れない。

 大桃との結婚生活が破綻したと信じ込み、交際を始めたという麻木も傷つける結果となった。が、麻木は「優しいうそ」と受け止め、山路氏に寛大な姿勢を見せた。

 「残酷な沈黙」に「優しいうそ」−。

 メロドラマのタイトルになりそうな珍フレーズが飛び出した不倫騒動は、どんな最終回を迎えるのか。

 

注目情報(PR)