元AV女優・範田紗々「Cスポットを探せ!」

★絶頂SEX(3)

2011.07.19


範田紗々【拡大】

 3歳からオナニーを日課にしてきた紗々ちゃんだが、プライベートでオナニーしているときの姿は激しくなく、とっても地味だという。

 「紗々は、道具は一切使いません。ホント、指を置いて触るだけ。でも、オナニーはイクためにするものなので、地味な動きの中にも、イクための一番手っ取り早い方法が隠されているんです。だからAVのオナニーシーンなんかは、女の子をイカせる指技の習得には、とっても参考になると思うなぁ」

 紗々ちゃんは、これまでAV界でいろんな女の子のオナニーを見てきたが、定番といっていいほど多いのが“二カ所攻め”をする子。もちろん紗々ちゃんも、その1人だ。

 「紗々の場合は、まず、人さし指でクリトリスに触れて、それから中指で腟の入り口付近を撫でる感じです。クリへの刺激は円を描くように回すこともあれば、小刻みに振動させたり、その日の気分で違います。これで濡れてくるので、そのあと腟口に中指をあてがいます。クリだけでもダメで、腟口だけでもダメ。クリと腟口を同時にいじることが大切なんです」

 女の子によっては、左手で乳首をいじったり、指を腟に差し入れながら手のひらでクリを愛撫する子もいる。基本はクリトリスへの刺激を軸に、同時に乳首、腟口、腟内のどれかを攻めるのがポイントだ。

 さらに細かく、紗々ちゃんは「クリトリスという小さな部分の中にも、感じる部分とあまり感じない部分があるんです」と打ち明ける。クリの中でも特別に感じる性感帯、それが「C(=クリトリス)スポット」だ。

 「これも女の子によって場所が違ってくると思うんですが、紗々の場合はクリの右下です。そこ以外はローターを当てられていても、ただしびれるだけで感覚がマヒしてきちゃう。でも、クリの皮をむかれて右下を刺激されると、あっという間にイッちゃいます」

 クリトリスは、ただ触ればいいという安直な考えは改めるべき。紗々ちゃんは「Cスポットを見つけてあげられれば、きっと『この人すごい!』『もっと抱いて』って、女の子はもうメロメロ」とアドバイスする。

 ■範田紗々(はんだ・ささ) 1985年生まれ。2006年、グラビアアイドルからAV女優に転身。昨年、引退後は女優として活動中。詳細はブログ「範田紗々のパンダ日記」で。著書に「フィンガーセックス」(ベスト新書)。

 

注目情報(PR)