洋画“お宝ヌード”が集結!妖艶DVDのスゴい中身

2012.02.13


「魅惑のムービースターヌード大全集 PART2 70’S&80’Sスペシャルコレクターズセット」(ポニーキャニオン)【拡大】

 ブルック・シールズ、フィービー・ケイツ、テイタム・オニール…おじさんたちが胸を熱くした洋画のお宝ヌードを一挙に集めたDVDが密かな人気を集めている。

 「魅惑のムービースターヌード大全集 PART2 70’S&80’Sスペシャルコレクターズセット」(ポニーキャニオン)は、一昨年に大ヒットした70年代版の続編。今回は70〜80年代の名作から88作品200分の“お宝ヌード”をたっぷり収録している。

 キュートな笑顔のフィービー・ケイツは、「初体験/リッジモント・ハイ」(82年)で、男の子のマスターベーションの想像の中で、水着のブラを自ら外す。

 「チャタレイ夫人の恋人」(82年)のシルヴィア・クリステルは、ベッドシーンでツンと上向きのオッパイを披露。シガニー・ウィーヴァーは、「ハーフムーン・ストリート」(86年)で、コミカルな入浴シーンに全裸で挑んでいる。

 「存在の耐えられない軽さ」(88)で、オンナ同士の妖しい場面で恥じらうジュリエット・ビノシュも見ものだ。

 「日本の映画と違って、ハリウッドでは、女優が作品のために脱ぐことをためらわない。賞に結びつくこともよく知っている。脱がないで有名になったのは、メリル・ストリープとジュリア・ロバーツぐらい」(大手配給会社スタッフ)

 ヌードシーンとともに、各女優の生い立ちや代表作の紹介もあり、洋画ファンの永久保存版にも置いておきたい。2枚組、5040円。

 

注目情報(PR)