ナベジュン先生の“都市伝説” 連載すると株価上がる!?

2013.01.12


渡辺淳一氏【拡大】

 いつもは接点が少ない民放の経済部記者が、「ちょっと芸能っぽい感じなんだけど」とネタを振ってきた。

 「いま日経新聞の『私の履歴書』で作家の渡辺淳一氏が連載していることを知ってる? これまでナベジュン先生が小説を連載した年は、すべて株価が上がっていてさあ。直近の2004年には、年初1万円だったのが、年末には1万6000円になった。今年も期待できるんじゃないの?」

 確かに年明け以降、株価は上昇基調だ。

 一方、芸能関係で言えば、相場の世界で“スタジオジブリの法則”という都市伝説もある。経済部記者が説明する。

 「日テレ系『金曜ロードショー』でジブリ作品が放送された翌週明けに、日経株価が急落するというアノマリー・ジンクス(理屈で説明つかない現象)がある。1月4日に『ハウルの動く城』が放送されたので、ちょっと注目していたけど、ジンクスは消えて、落ちなかった。このまま景気がよくなってほしいもんだよ」

 

注目情報(PR)