ビッグダディ元妻、暴露本ヒットの裏 DV、妊娠、元カレの死…下世話な話に好奇心

2013.05.10


後追いで売れまくる『ハダカの美奈子』【拡大】

 素人の大家族に約7年間密着したドキュメンタリー番組「痛快!ビッグダディ」(テレビ朝日系)に端を発した告白本が売れに売れている。いったい誰が買っているのか。ブレークは本物なのか。

 先月21日に放送された第19弾ではビッグダディこと林下清志さん(48)と、離婚した元妻の美奈子さん(30)が、それぞれ新天地で再スタート。19・3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の高視聴率だった。

 告白本は、まず先月26日に林下さんが『ビッグダディの流儀』(主婦と生活社)を出して大ヒット。今月1日には美奈子さんが『ハダカの美奈子』(講談社)を上梓したが、元夫の本をしのぐ売れ行きだ。

 美奈子さんの本は事前に週刊誌のグラビアで巨乳のセミヌードが報じられて話題づくりに成功。本の内容も凄まじく、離婚の真相、父親からのDV、15歳での妊娠、殺された元カレ、ミイラ化して孤独死していた父親−と、これでもかの赤裸々な半生が綴られている。

 出版関係者は、「夫の本が10万部、元妻の本は30万部まで化けるかもしれない」とソロバンをはじくが、果たしてそれほどの本なのか。

 「売れているのは事実でしょうが、いまどき10万部となると村上春樹や阿川佐和子は別格として、至難のワザ。国民的な文化現象になって初めて超えられる数字だ。書店の平積みが消え、売り切れになったとしても、初版の刷り部数を抑え気味にして品薄感を煽っている可能性がある」

 そう指摘するのは、自ら一般書籍の出版も手掛ける芸能評論家の肥留間正明氏。ヒットの兆しは、最近のタレントの暴露本の低調さとも関係がある、とみる。

 「タレントがブログやSNSで私生活を赤裸々に明かすようになって、秘密のベールがなくなった。そこに、普通ではあり得ない大家族の葛藤を世間にさらしたビッグダディには素人の魅力があった。放送できなかった下世話なエピソードを覗き見したくなる読者や、反面教師とする人が買っているのかもしれない」(肥留間氏)

 作家の内藤みかさんは、同じ離婚経験のある子持ちシングルの立場として美奈子さんの出版に理解を示し、こう語る。

 「子だくさんゆえ、今後の生活のために本を出されたのだと思っています。美奈子さんのセミヌードが話題になっているようですが、先日、今井メロさんもヌード写真集を出してましたよね。どちらも、女ひとりで子育てをしていくために、体を張ってお金を作っているのだと思うのです。世間の方々も、少しでも力になればという思いもあって買われているのではないでしょうか」

 林下さんは番組打ち切りの意向を示しており、好奇心も含めて、番組ファンがビッグダディ一家と別れた美奈子さんの家族の行方を気にしているのは確かだろう。その後、林下さんは故郷の岩手、美奈子さんは宮崎で生活を始めているという。内藤さんが続ける。

 「私自身は美奈子さんの今後がとても気になっています。6人の子供を抱えてどうやって生きていくのだろう、一番下の子はまだ手がかかるけれど、仕事と両立できるだろうか、と。世間の人から見れば『まだ子供が小さいのだから、もうちょっと辛抱すればいいのに…』という印象を持たれるかもしれませんが、それでも離婚を選ぶほどの何かがおふたりにあったのでしょう」

 内藤さんのようなマジメな読者も多いのだろうが、週刊誌の中年男性デスクは不敵な笑みを浮かべて、読者の心理を探った。

 「『ハダカの美奈子』は電子書籍のKindle版もよく売れている。巨乳・熟女・離婚妻と人気AVの要素を網羅した告白本を家族に隠れてこっそり読むにはぴったり。無理やり中出しされて子供ができた−なんて内容の本を家に持ち帰れないでしょう」

 いろいろなニーズがあるようだ。

■関連記事
 ⇒ビッグダディの離婚妻 本の出版に合わせて再出発ヌード披露か
 ⇒離婚のビッグダディに番組関係者「2人はLINEでやりとり」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!