倉持由香“痴漢撃退”で脚光も事務所退社 映画主演で運気に変化

★倉持由香

2013.06.28


自慢のお尻をどうぞ!と笑顔の倉持【拡大】

 女子高生時代に特技の空手で痴漢を撃退したことで一躍注目されたグラビアアイドルの倉持由香(21)。当時、夕刊フジでも彼女の快挙を大きく報道した。

 「ただ、その後に、『売名行為だ、冤罪じゃないのか、過剰防衛では』とネットで叩かれました。私自身は人から叩かれたりするのに弱いし、怖いんです。でも、以前に所属していた事務所が“炎上商法”もアリの方針だったので……わざと誰かに噛みついてみたり…」

 ゲームアイドルというコンセプトだったため、朝5時まで徹夜でプレーを中継配信し、そのまま眠らずに学校へ行くことも多かったという。

 「グラビアアイドルに憧れてこの世界に入ったんですが、あまりに方向性が違うので、事務所を辞めたんです」

 2010年春のことだった。以来、表立った芸能活動からは距離を置くようになった。

 「その後、地道にフリーで活動をしていたんですが、SNSで突然監督からメッセージがきたんです。『映画に主演して欲しい、一度会いたい』って。もちろん、最初はいたずらだと思いました」

 作品名は「タリウム少女の毒殺日記」(土屋豊監督)。

 05年に実際に起きた、タリウムを使用しての母親毒殺未遂事件をモチーフにした作品だった。11年に撮影された。

 「母親を毒殺するという少女の難しい役でした。でも、いじめを受けているところは過去の自分と重なる部分もあって。今年1月のロッテルダム国際映画祭に行ったんですけど、観客の反応が賛否両論で。でも、私の病んでる目がイイと言われましたよ」

 昨年の第25回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門でも作品賞受賞。彼女のタレントとしての運気にも大きく変化があった。

 「映画の主演をしたことで、オーディションに通りやすくなりました。今までほとんど即落ちだったので。芸歴9年目でようやくファーストDVDが出ましたし、日テレジェニック候補生になれました!」

 念願だったグラビアアイドルとしての仕事も激増している。

 「私のウリの90センチのお尻は、毎日ツイッターで画像をあげてます。“お尻祭り”をぜひ観てください! グラビアの仕事は通過点とかじゃなくていつまでも続けたいです。アラフォーになっても続けます」

 初の主演映画は7月6日から、渋谷アップリンク(東京都渋谷区)を皮切りに全国で順次公開される。(永瀬白虎)

 ■倉持由香(くらもち・ゆか)1991年11月6日、千葉県船橋市出身。167センチ、B84・W58・H90。グラドルに憧れ、12歳のころから芸能活動を開始。2008年、痴漢撃退で脚光を浴びる。現在はヤングアニマル誌で「撮って下さいっ!」を連載中。また、最新DVD「妄想マテリアル」(販売元・スパイスビジュアル)は、あす28日発売。普段は大学の文芸学部で学ぶ現役女子大生でもある。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!