満島ひかりの目標は“ナウシカ” ドラマ「Woman」で抜群の表現力 (2/2ページ)

2013.08.28


ますます演技に磨きがかかる満島ひかり【拡大】

 1997年、小・中学生7人構成のユニットFolderのメンバーとして、シングル「パラシューター」でデビュー。10万枚を売り上げた。

 Folderの解散後、女の子だけのユニット、Folder5に参加。3枚目のシングル「Believe」はアニメ「ONE PIECE」のオープニングテーマに起用され、大ヒットするものの、グループはいつの間にか消滅。

 満島はバラエティー番組などのアシスタントやグラビアタレントなどで経験を積みながら、ドラマ「ウルトラマンマックス」で女優としてやっていこうと決意を固める。

 彼女の大きな転機になったのが園子温監督の映画「愛のむきだし」。当時まだ無名だった満島が、監督の「もはや狂気とも呼べる領域に達した満島の芝居に全てが圧倒された」のひと言で俄然注目を浴び、その演技力は高く評価された。報知映画賞、ヨコハマ映画祭、毎日映画コンクールを始め数多くの映画祭で新人賞などを受賞。

 私生活では2010年にヨコハマ映画祭主演女優賞とエランドール賞新人賞を受賞した主演作「川の底からこんにちは」の石井裕也監督と結婚している。

 絵本や詩集が好きで声に出して読む満島。声に出したときの“音”で心理を突いているタイプの本に心が動かされるという。

 また、人気アニメの論評本『ジブリの教科書1 風の谷のナウシカ』にナウシカへの思いを寄稿しているのだが、この文書には彼女の独特の感性がそこここに溢れていて、女優としての大器を思わせる。

 アイドルスタートで決して順調にここまできたわけではない満島だが、その経験は透明感を曇らせるものではなく、むしろ光のプリズムを放つかのようだ。

 寄稿文に、10代の頃にナウシカやジャンヌ・ダルクのように聡明で強く逞しいヒロインを演じてみたいと思っていたことがあると書いているが、その実現に大いに期待したい。

 ■酒井政利(さかい・まさとし) 和歌山県生まれ。立教大学卒業後、日本コロムビアを経てCBS・ソニーレコード(現、ソニー・ミュージックエンタテインメント)へ。プロデューサー生活50年で、ジャニーズ系・南沙織・郷ひろみ・山口百恵・キャンディーズ・矢沢永吉ら300人余をプロデュースし、売上累計約3500億円。「愛と死をみつめて」、「魅せられて」で2度の日本レコード大賞を受賞した。2005年度、音楽業界初の文化庁長官表彰受賞。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!