克美しげるさん、亡くなっていた 殺人、覚醒剤…人気歌手から転落人生

2013.10.02


数奇な人生を歩んだ克美しげるさん【拡大】

 アニメ「エイトマン」の主題歌で一世を風靡した歌手の克美しげる(本名、津村誠也=つむら・せいや)さんが2月27日、脳出血のため栃木県佐野市の病院で死去していたことが2日、分かった。75歳。宮崎県出身。葬儀・告別式は近親者で行った。NHK紅白歌合戦にも出演した人気歌手だったが、殺人事件などで逮捕・服役するなど世間を騒がせた。3年前には夕刊フジの連載で事件を悔悟し、芸能界への未練をほのめかしていた。

 関係者によると、晩年の克美さんは再々婚した32歳年下の妻と栃木県内で生活。脳梗塞の後遺症に苦しめられながら、地元のスナックでカラオケを歌うなど地道な活動を続けていたという。

 克美さんは1961年、「霧の中のジョニー」で芸能界デビュー。テレビアニメ「エイトマン」の主題歌を歌って一気にブレークし、64年には「さすらい」をヒットさせた。同年と翌65年にはNHK紅白歌合戦に登場するなど絶頂期を迎えたが、その後、人気は低迷した。

 76年5月、新曲を出して再起を図っていた最中に元銀座ホステスの愛人を殺害。遺体を車のトランクに入れたまま、羽田空港から北海道での歌のキャンペーンに向かったが、2日後に遺体が見つかり逮捕され、懲役10年の判決を受けた。出所後の89年にも覚せい剤取締法違反で実刑判決を受け、服役した。

 2010年3月に本紙連載に登場。事件を振り返り、「あんな事件を起こし、今さら封印を解いてくれ…、解いてもいいですかなんて、僕から言うことなんかできません」と歌手活動への思いを口にしていた。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!