大沢あかねの剛腕ステージママが女優デビュー! 「娘夫婦には負けません」 (1/2ページ)

2013.11.25


あかねを人気タレントに育て上げたまみさん(写真)は女優として新たなステージに【拡大】

 大沢親分こと大沢啓二さん(2010年死去)の長女で、タレント、大沢あかね(28)の母、大沢まみさんが、公開中の映画「新大久保物語」(藤原健一監督)で女優デビューした。女手ひとつでまな娘をカリスマモデル、人気タレントへと開花させた剛腕ステージママ。「親は何があっても子供に勝てない。孫にはもっと勝てない」と親分の血を継ぐ人情肌だ。

 関西出身で、あかねが3歳の時にシングルマザーとなり、「昼はトラック運転手、夜は大阪・ミナミの飲み屋のお姉さん。3年くらいして自分の店を持ちました」。

 あかねは小学校2年の頃、テレビで見た北島三郎(77)に憧れ、劇団に所属。母は、「子役で大成できるのはひと握り」と心配を抱えつつも娘を応援する生活が始まった。あかねはティーン誌「ピチレモン」の看板カリスマモデルになったが、裏には母の地道な“営業努力”があった。

 「お店のお客さんに宣伝して口コミで広げてもらったり、ファンレターの返事を書いたりして娘のファンを大事にしました。娘をもっと有名にするため芸能プロダクションも立ち上げました」

 01年、あかねの中学卒業後、本格的に芸能界で仕事をするため母娘で上京。不安もあったが、「俺はいつか死んで何もしてやれない時が来る。自分たちできちんと生活できると思うなら出てきたらいい」と親分の言葉で覚悟を決めた。上京後、あかねは大手芸能事務所テンカラットに所属し、バラエティーに活躍の場を広げ、人気タレントの仲間入りを果たす。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!