【結婚&離婚解体】やしきたかじん、32歳年下と再々婚のワケ

2013.12.18


岡野あつこ【拡大】

 もはや芸能人のバツイチや再婚はまったく珍しくありませんが、3度目の結婚ともなると話は別。よほどの情熱があるか、経済的に余裕がないと、再々婚に踏み切るには勇気がいるものです。

 そんな再々婚をして話題をさらったのは、タレントのやしきたかじんさん(64)です。お相手は、かねてより交際をしていた一般女性(32)。交際期間は3年とも言われています。

 やしきさんと言えば、食道がんの治療から復帰、現在は療養中とのこと。病気の間、やしきさんを支えてきたのが、今回、再々婚することになったお相手の女性だそうです。

 やしきさんご夫婦の年の差は、なんと32歳。32歳の年齢差を乗り越えての結婚というのも、なかなか衝撃的なことではないでしょうか。以前、タレントの加藤茶さん(70)が、45歳年下でまだ20代という若さの綾菜さんと結婚したときも驚きましたが、やしきさんの場合もそのときに匹敵するくらいのサプライズ。

 ちなみに、私が個人的に大ファンの郷ひろみさん(58)も、去年再々婚をしましたが、やはりお相手の女性は年下。こちらも年齢差は24歳と“ふた回り”も違うことが話題になっていました。モテる男性は、いくつになっても年齢の壁を超えて愛される証拠です。さて、やしきさんは、自身が20代のときに一般女性と結婚、子どもをもうけた後に離婚をしました。その後、1993年にモデルだった女性と再婚をして、13年の結婚生活を経たのちに再び離婚。このときのお相手の女性は15歳年下でした。

 「1人目、2人目も280%、ボクが悪い」とテレビ番組で、過去2回の結婚生活を振り返って反省の弁を述べていたやしきさん。「男は狩猟民族。外に向かって出て行くねん!」と自虐的に言い放って笑いを誘っていましたが、今回のことで3度目の結婚が現実になった結果になります。

 ところで、やしきさんが踏み切った「再々婚」は、一般的にも実はとても勇気のいることです。まず、再々婚に対しての世間体がそれほどよくないことはたしか。本人たちの家族はさておき、親戚や友人、周りの人たちも、過去の二度の結婚のように派手に祝福してはくれません。地味にでも祝ってくれればいいほうで、なかには「今度こそ大丈夫?」「まったく何度もこりないわね」などとイヤミを言う人もいます。だからこそ、再々婚は世間体や見栄を一度、キッパリと捨てないとできません。

 さらに、再々婚をするためには、次の4つの条件が揃っていることも大切です。4つの条件とは「プライドを捨てる」「開き直る」「素直になる」「打たれ強くなる」というものです。究極は二人が幸せであればそれでよし、というわけです。やしきさんの場合は、病気の間、支えてくれていた女性に対しての“けじめ”の意味もあって結婚をしたのかもしれませんが、こちらの場合も同じ、お互いが幸せであればいいのです。

 人生後半に入ってからの結婚は、愛する人と一緒にいられる時間は短い分、“密度”はとても濃いものです。私の経験上からも、再々婚や再婚をしたご夫婦の多くが、1日1日を大切にして暮らしています。ぜひ、やしきさんご夫婦も幸せな毎日を送っていただきたいものです。

■岡野あつこ(おかの・あつこ) 1954年8月5日埼玉県出身。夫婦問題の悩みを解決するカウンセリング事業や、カウンセラーを育成する岡野あつこのライフアップスクールなどを運営する、株式会社カラットクラブ代表取締役。NPO日本家族問題相談連盟理事長。1991年よりカウンセリング事業を開始、2万5000件以上のカウンセリング実績をもつ。現在は、後進の育成にも力を入れており、ライフアップスクールの卒業生は1800人を超えている。夫婦問題解決のプロとしてメディアに出演し、一人でも多くの人に笑顔が戻るよう日々活動中である。離婚相談救急隊 http://www.rikon.biz/ 。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!