黒木華ってどんな人? NHK朝ドラ「純と愛」で頭角 ベルリン国際映画祭最優秀女優賞 (1/2ページ)

2014.02.17


第64回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した黒木華(右)と山田洋次監督=15日、ベルリン(共同)【拡大】

 世界3大映画祭の一つ、第64回ベルリン国際映画祭で16日(現地時間15日)、日本人女優としては4人目の最優秀女優賞(銀熊賞)に選ばれた黒木華(はる、23)。この数年で知名度を上げてきた新進女優だが、一気に世界が注目する存在となった。

 コンペに出品された山田洋次監督(82)の「小さいおうち」(公開中)で、東京の中産階級の家に奉公した女性・タキを演じた黒木。授賞式では「まさかこの場に立てるとは思わなかった。すばらしい映画を作ってくれた山田監督のおかげです」と話した。

 日本人女優では、左幸子さん(1964年)、田中絹代さん(75年)、2010年には寺島しのぶ(41)が同賞を受賞している。寺島の場合、受賞時はすでにキャリアを積んで実力派女優として知られていたが、黒木は今が売り出し中だ。

 舞台出身で、野田秀樹氏(58)の「NODA MAP」や長塚圭史(38)の「阿佐ヶ谷スパイダース」で舞台出演を経験。12年7月公開でヒットしたアニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」の声優に抜てきされたが、まだ話題を集めるほどではなかった。

 知名度を上げたのは、12年秋から放送されたNHK朝の連続テレビ小説「純と愛」。主演の夏菜(24)が演じたホテルウーマン・待田純の同期入社、田辺千香を演じていた。表向きは柔和だが実は陰険という“腹黒チカちゃん”のキャラクターで演技力が注目を集めた。以後は「舟を編む」「シャニダールの花」(主演作)など映画や、「リーガルハイ」(フジテレビ系)などドラマにも相次いで出演する売れっ子になっていた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。