「ママ、ありがとう…」夫人が大瀧詠一さん“最後の言葉”明かす

2014.03.22


1982年のTBSラジオ「Go! Go! Niagara」の収録で穏やかな笑顔をみせる大瀧詠一さんの遺影。「故人の人柄が出ている」との理由で遺族が選んだ =東京・赤坂【拡大】

 昨年12月30日に解離性動脈瘤(りゅう)で死去したシンガー・ソングライターで音楽プロデューサー、大瀧詠一さん(享年65)のお別れ会が21日、東京・SME乃木坂ビルで行われた。

 甲斐よしひろ(60)、佐野元春(58)ら音楽仲間を中心に250人が参列。大瀧さんがボーカルを務めたロックバンド「はっぴいえんど」の細野晴臣(66)、松本隆(64)、鈴木茂(62)の3人がそろって遺影の前に立ち、弔辞を読んだ。

 松本は「清く美しい青春をありがとう」と感謝し、細野は「大瀧君の濃厚なオーラは残っているから…。また一緒にやろう」と“再結成”を呼びかけた。また夫人の静子さんは、大瀧さんが自宅で倒れる直前の様子を振り返り「私がりんごの皮をむいていたら、大きな声で『ママ、ありがとう』って…」と“最後の言葉”を明かした。

 同ビルには大瀧さんが拠点としたスタジオがあり、参列者は見学しながら故人との思い出に浸っていた。

■主な参列者

 甲斐よしひろ、佐野元春、サンボマスター、佐野史郎、松たか子、清水ミチコ、トータス松本、あがた森魚、泉麻人、杉真理、伊藤銀次、サエキけんぞう、高田文夫(順不同、敬称略)

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!