芸能界、共演NGの実態 「いいとも!」最終回で“噂”の芸人が大集結 (1/2ページ)

2014.04.02


ダウンタウン(写真)、とんねるず、爆笑問題が次に同じステージ上で顔を並べるのはいつか【拡大】

 3月31日夜に放送されたフジテレビ系「笑っていいとも! グランドフィナーレ」で、お笑い芸人ファンがヒヤヒヤ、ワクワクする場面があった。「共演NG」がささやかれていた大物芸人たちが同じステージ上にあがったシーンだ。芸能界に存在する共演NGルールは、実際、どこまで意識されているのか。

 グランドフィナーレでは、タモリ(68)と明石家さんま(58)のトークが終わらないことにしびれを切らした格好で、ダウンタウンとウッチャンナンチャンがステージに乱入。その後、とんねるず、爆笑問題、さらにナインティナイン、笑福亭鶴瓶(62)が加わった。

 石橋貴明(52)を視界にとらえた松本人志(50)は「ネットが荒れる!」と繰り返し、石橋からは「ネットで『キーマンは石橋』とあった」と、インターネット上の風評を意識した発言が。太田光(48)は「このメンバーで仲良くできるわけないだろ!」と、共演NGルールを意識したかのような発言で会場を沸かせた。

 毒舌を吐く太田に浜田雅功(50)が「ええかげんにせいや!」とドツキをかましたり、石橋が太田を誘って乱入したと内幕をバラしたりと、大物芸人同士の共演はかつてないほど盛り上がったが、いわゆるNGルールは、「いいとも」終了と合わせて払拭されたのか。

 芸能評論家の肥留間正明氏は「世話になった番組終了の場という義理、何よりタモリの手前もあってはせ参じたわけで、共演という感覚はなかっただろう」といい、こう続ける。

 「同じポジションにいる大物芸人同士のレギュラー共演はあまりない。例えばビートたけしとタモリがレギュラー番組で共演することはない」

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!