日テレ退職アナのその後から馬場典子アナの活躍度合いを予測 (1/2ページ)

2014.06.23

 6月末で、日本テレビの馬場典子アナ(40)が同局を退社し、フリーへと転身する。不惑を迎えた女子アナが結婚以外の理由で、独立するケースは珍しい。テレビ局関係者が話す。

 「日テレは、独立した女子アナを自局であまり起用しない傾向がある。夏の一大イベント『24時間テレビ「愛は地球を救う」』の司会を7年間も担当し、局の看板番組『ズームイン!!SUPER』を任されるなどエース格だった西尾由佳理アナも、退社後は『世界一受けたい授業』にゲスト出演するくらいです。

 西尾アナはフジテレビとつながりの深いセントフォース所属ということもあり、午後の帯番組『アゲるテレビ』(フジテレビ系)に出演したが、番組はわずか半年で終了。日テレで好調の『ミヤネ屋』のウラ番組だったことからも、古巣の心証は良くなかった。今は、土曜朝の『世界HOTジャーナル』(同前)の司会を務めており、すっかりフジの人になってしまった印象です」

 他にも、『ラジかるッ!』などで“おバカキャラ”で有名になった宮崎宣子アナに至っては、退社以降、日テレに限らず、他局でもほとんど見かけなくなった。『所さんの目がテン!』などで人気だった魚住りえアナは、同じアナウンス部の森圭介アナと結婚。「日テレはアナウンサー同士の結婚を好ましく思っていない」(日テレ関係者)という背景もあってか、魚住アナは退社。その後、日テレで起用される機会はほとんどなくなった。

 西尾アナと同期の阿部哲子アナも、2007年の寿退社後、ほとんど日テレには出演していない。事務所が頻繁に変わっていることも、フリーアナウンサーとしての活動に支障をきたしているといわれている。今をときめく夏目三久アナですら、『真相報道バンキシャ!』のオファーが来るまでは、古巣への出演がなかった。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。