小栗旬の芸能界“革命”構想に周囲から心配の声が…

2014.09.11


 小栗旬【拡大】

 「“自分は誰かに殺されるかもしれない”くらいの覚悟で戦わないと、日本の芸能界を変えるのは相当難しいっすね」

 「クイック・ジャパン」vol.115のインタビューで"いい作品"をつくるためにも、俳優の労働条件を改善するべく、俳優のための労働組合づくりを構想していると語った小栗旬。

 さらに、「『この人、何も考えてないのによく生き残ったな』っていう人はいますから。事務所の力もありますし」と、強烈な発言まで飛び出した。

 「若手俳優がここまで突っこんだ発言をするのは、珍しい。小栗さんを心配する声が多いですよ」

 こう話すのは芸能プロ関係者。

 「アメリカにはSAG-AFTRAといった役者のための組合があるが日本にはありません。   

 小栗さんはそれを目指しているんでしょうが、日本の芸能界は、事務所の力がものをいう世界で、俳優が主体となる労組を作ることなど、大手芸能事務所は許さないでしょうね。

 ただ、今年4月21日号の「AERA」のインタビューで、小泉今日子が、「日本の芸能界ってキャスティングとかが“政治的”だから広がらないものがありますよね。でも、この芸能界の悪しき因習もそろそろ崩壊するだろうという予感がします」と、発言し話題になりました」(前出・芸能プロ関係者)

 小栗の勇気ある挑戦で革命を起こせるか、それとも潰されてしまうのか!?

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。